アフターピル服用後のカラダの変化

ハートのぬいぐるみをお腹の前に置いている女性緊急避妊薬として用いられるアフターピルですが、実際は通常のピルと同じものです。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性の生殖機能を司るホルモンが含まれていて排卵を抑制するものです。
疑似的に妊娠しているような状態を作るという事です。
というものですからアフターピルを服用した場合も副作用とも言える体の変化は起こりますが大抵は服用を続けていくうちに解消されるものです。
それと現在では中用量ピルから黄体ホルモンを減らした低用量ピルが主流になっていてピルを服用した際の副作用はかなり軽減されてきていますが、アフターピルでも同じです。
そして、ピルにもアフターピルにも副作用と呼べるかは別とした服用後の体の変化があると言われています。
「胸が大きくなる」「肌がキレイになる」といった女性にうれしい変化です。こういった変化の報告は実際にありますが、多少都市伝説の範囲内かも知れません。
この胸が大きくなるというのはプロゲストーゲンによっておこる副作用で、胸の張りがでるという事があり、それが胸が大きくなるという事につながるようですが、一時的なものかどうかは個人差があります。
肌がキレイになるという事についてはピルは女性ホルモンですので、人によっては肌にも良いという事があるという事です。
アフターピルを服用した際の最も多い体調の変化は吐き気や嘔吐などです。
新しいホルモンを体に入れるという事は体内のホルモン環境が変化するという事になります。この環境の変化に体が慣れるまで不快な症状が現れるという事です。
ですがこの症状は服用を続けていけば徐々に改善されていきますし、服用するピルの種類によっても症状の出方は変わってきます。