アフターピルを服用するタイミング

避妊具をつけて性行為を行ったけれど、外れたり破れてしまって妊娠しないか心配という時に利用できるのがアフターピルです。
アフターピルは服用することによって排卵の時期をずらしたり、子宮と卵巣の粘膜の粘度を増して精子が卵子と受精しないようにしたり、子宮内膜を剥がしてしまうことで受精卵が着床しないようにして妊娠を避けるための緊急避妊薬です。
カップの飲み物を飲んでいる女性アフターピルは避妊に失敗して72時間以内に服用することで効果が表れると言われています。しかし、その確率は100%ではありません。
避妊に失敗して12時間以内で0.5%、24時間以内の服用で1.5%、72時間以内の服用で4%の人が避妊に失敗してしまっています。
避妊に失敗してすぐに服用した人よりも、期限ぎりぎりの72時間で服用した人は8倍も妊娠しやすくなってしまうのです。
これらを見ても、服用のタイミングが早ければ早いだけ避妊に成功する確率が高くなることがわかります。
妊娠は、受精卵が子宮内膜に着床した時点で成立すると言われており、受精卵が着床してしまった後ではアフターピルを服用しても効果は見込めません。
一刻も早く服用して、女性の身体の中を妊娠するのに適さない状態にすることが必要になるのです。
しかし、このデータはアフターピルを服用した人の平均値で、本当に妊娠してしまう可能性が高い排卵日付近の場合、約15%の人が妊娠してしまうと言われています。
アフターピルは効果を出すために配合されているホルモンの量が通常の避妊用のピルに比べて多くなっています。
そのため、吐き気や嘔吐といった副作用も出やすい傾向にあります。嘔吐してしまった場合には効果がない場合もあるため、処方してもらった医師に相談して適切な処置を摂るようにしましょう。