アフターピルはどのようなピル?

アフターピルは望まない妊娠を回避するために用意された緊急避妊法で、主に中用量ピルを使用することで女性ホルモンを多量に吸収させ、ホルモンバランスを変化させることで排卵を抑えるか消退出血を起こさせ受精や着床を出来なくさせます。
一般的に知られている低用量ピルと同様にエストロゲンとプロゲステロンが混合されたホルモン剤となりますが、配合量は全く異なり、女性の体に負担が大きく副作用も出やすいので本来は使用するべきではないとされます。
また、避妊法としては最後の方法となっており、アフターピルによる避妊が失敗すると着床して妊娠が確定してしまうので、アフターピルを頼る避妊はなるべく避ける必要があります。
避妊成功率は72時間以内で80%程度となっており、数字だけ見れば高いのですが、確実性はないので注意しましょう。
手のひらに置かれたカプセルと錠剤アフターピルを服用すると、まず3日~3週間以内で生理と同じ症状である消退出血が引き起こされます。
消退出血は生理の出血と同じで、ピルによって人為的に起こされた生理の事を指し、自然に起こる生理とは区別するために使用されます。
3日~3週間で大きく幅があるのは、アフターピルを飲んだタイミングが、排卵前か排卵後かで子宮内膜が剥がれ落ちる時期が変わるためです。
消退出血が避妊成功の証とされるので、早く出血が起こって欲しい気持ちになりますが、こればかりは生理現象に関わっているので待つしかありません。
排卵前に使用すると、自然な生理が起こるのを早めることから、3日~1週間以内で起こることがほとんどです。
しかし、排卵後に使用した場合は、消退出血の時期が遅れるので、次の生理予定日前後で出血することが多くなります。
その際は、アフターピルによって排卵が抑制されているので、妊娠の可能性はほとんどありません。

アフターピルに含まれるレボノルゲストレルとは

アフターピルを使えば、望まぬ妊娠を防ぐことができます。子どもを授かることは素晴らしいことですが、無計画な妊娠は自分も子どもも不幸にしてしまいます。
また、性交渉においてはお互いに100%の合意がないこともあります。このような理由により、アフターピルは世界保健機関も認めている重要性の高い医薬品なのです。
こうしたアフターピルに含まれている成分としては、レボノルゲストレルがあげられます。これはホルモン製剤の一種として世界中で用いられているポピュラーなものです。
そもそも妊娠には女性ホルモンの働きが重要であり、これが排卵と着床などの子宮内における条件を左右するのです。
飲んだ後の薬のパックレボノルゲストレルはこの女性ホルモンに働きかけ、妊娠をコントロールしてくれます。まず、排卵直前に分泌されるホルモンを抑え、排卵の防止または遅延を行います。
排卵しなければ精子が子宮の中にたどりついたとしても、受精のしようがありません。これにより妊娠の可能性を大きく排除できるのです。
また、レボノルゲストレルは受精卵が子宮壁にたどりつく前に、着床準備を急がせてしまう効果もあります。これによって、いざ受精卵が指定の位置に来てみてもすっかり着床にふさわしい時期は終わっているのです。
そうすればより妊娠しにくい状態にもっていけます。こうした2重の働きにより、高い避妊効果が期待できます。
一方、一時的にホルモンバランスを崩すことから、月経不順や頭痛などの副作用が出ることもあります。そして同じ避妊薬でもコンドームとは違って、直接接触することに代わりはないので性感染症を防ぐ効果はありません。
使用する際には医師の判断を仰ぐなどして正しく使うことが賢明です。

アフターピルだけに頼らずコンドームでもしっかり避妊

性行為後にアフターピルを服用することによって、完全にではありませんが、かなり高い確率で避妊をすることができます。
お互い力を合わせようとしているカップルそれなら性行為をするときにわざわざコンドームを使用せず、性行為後にアフターピルを服用すればよいのではないかと考える人もいるでしょう。
しかし、アフターピルには副作用やリスクもあるためアフターピルだけに頼るのではなく、避妊をするのであればまずはコンドームをして避妊をするということが大事になってきます。
アフターピルにおける副作用としては頭痛や腹痛、吐き気や嘔吐、めまい、倦怠感などの副作用が個人差がありますが、人によっては起こる可能性があります。
もし副作用によって嘔吐してしまった場合は、薬も流れてしまうので追加して服用する必要が出てきます。ただし、これらの副作用については24時間以内におさまるので、後遺症や不妊症となるリスクはありません。
リスクに関してはアフターピルは女性ホルモンを強制的に体内に入れて生理を起こさせることになり、身体的なリスクが高まると考えられるのであまり頻繁に服用するということは避けておいた方がよいということになります。
あまり常用していると、ホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。副作用やリスクだけではなく、購入に関する費用もかかるという問題もあります。
アフターピルは市販されていないので病院で処方してもらうことになります。病院で処方をしてもらうとしても保険が適用されないので、ある程度の費用が掛かるということになります。
なので私はピルはネット総合病院という通販サイトで買っていますが、病院に行く時間とお金があれば病院にいくのがベストかも知れません。
ピルによる避妊は中絶手術に比べれば身体的なリスクは低いといえますが、アフターピルは最後の手段として準備しておくという考えが重要になってきます。

おすすめ記事